« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間

■映画「MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間」 日比谷 TOHOシネマズシャンテ

マイルス・デイヴィスを題材にした映画…とくれば、ジャズ好きとしては見逃せないですよね。けっこう前から公開される日を待っていた作品でした。

ストーリーはこんな感じ。
「ジャズ界の帝王として君臨するも、1970年代後半から公の場に姿を見せなくなったマイルス・デイヴィス(ドン・チードル)。自宅に1人でこもり、慢性の腰痛、ドラッグと鎮痛剤の影響に苦しむ毎日だ。そんなある日、音楽誌記者のデイヴ・ブレイデン(ユアン・マクレガー)が押しかけてくる。二人は、盗まれたマイルスの最新曲を収めたテープを捜すことに。騒動の中で、マイルスは元妻フランシス・テイラー(エマヤツィ・コーリナルディ)との結婚生活を思い出す…。」(シネマトゥデイ)

1940年代から1980年代まで、5つのディケイドにわたってスターであり続けたマイルス。しかし、1970年代の後半だけは、そのキャリアにぽっかりと穴があいている。本作はその空白の5年間にスポットを当てた作品だ。とにかく長い間活躍していた人だし、マイルスの演奏スタイルの変化=ジャズの歴史といってもいいような巨人である。すべてを描こうとしたら10時間あっても足りないだろう。2時間弱の映画にまとめるために、あえて「空白」の期間に注目した…というのはなかなかおもしろい試みだと思った。

物語の本筋は、マイルスが密かにレコーディングしていた新作のテープを奪われ、それを取り戻そうとする一連の騒動だ。しかし、70年代後半のマイルスの実態は謎に包まれており、その時期に何があったのかを正しく知る人は、本当に身近だったごく一部の人たちしかいない。つまり、この物語そのものがおそらくは、監督・主演を務めたドン・チードルのイメージによって創作されたフィクションではないのだろうか。

また、現在進行形の物語の途中に、マイルスの回想が何度もインサートされる。その中心になっているのは、二番目の妻だったフランシス・テイラーとの思い出だ。出会いから結婚、不仲になり離婚するまでが、その時々のマイルスの音楽とともに描かれる。時代によって変化するマイルスバンドの面々も登場し、演奏シーンもたっぷりあるので非常に興味深い。ただ、ここでも出来事の前後関係が入れ替えられていたり…ということがけっこうあるようだ。

つまり、この映画は正確な意味での伝記映画というよりは、マイルスというスーパースターのイメージをもとに生み出された、一種のファンタジーなのかもしれない。実際に物語のエンディングでは、80年代に復活したと思しきマイルスが、60年代のバンドの主要メンバー、ハービー・ハンコックやウェイン・ショーターたち(もちろん現在の老境に入った彼らである)を従えて現代風のめっちゃカッコいい演奏を繰り広げる! もう時間軸は完全にムチャクチャになっているのだが、そこにあるのは圧倒的な音楽の陶酔感だけである。マイルスは1991年に65歳で死去しているが、今も天国でインスピレーションのままに演奏を続けているんだろうな…と思わせるシーンであった。

そんな虚実ないまぜの映画であるが、結論からいえばものすごくおもしろい。実際のマイルス、というよりもイメージの中のマイルスが描かれているからそのカッコよさが半端ではないのだろう。もちろん、70年代のマイルスは半ば引退状態、ヤク中でヨレヨレのくせにやたら偉そうなとんでもないオヤジである。しかし、それでも細かいところにカッコよさが表れる。クラブに乗り込もうという時に、雑誌記者の服装がダサいからと着替えさせる。テープを奪った若手ミュージシャンと立ち回りを演じた後、「あそこであの音は使うな」と音楽的な指導を入れる。そして、銃撃戦やカーチェイスまでやってテープを取り戻そうとした理由もまた、そんなマイルスの美学に基づくものだった…ということが最後に明らかになる。スーパースターの栄光と孤独。でも、ファンには苦悩さえもカッコよく見えてしまうという宿命。そんなものが感じられる映画ではないだろうか。

ジャズファンとしては、ギル・エバンスとのレコーディングシーン、ビル・エバンスらを擁するバンドでのライブシーン、ハンコックやショーターらとの自宅地下のスタジオでのリハーサルシーン…どれも楽しい。また、音響もとても良く、いつもこういう音でジャズが聴けたらいいなあと思ってしまった。その意味でもぜひ劇場で見たい映画だといえよう。

マイルス役のドン・チードルは、はっきりいってマイルスとは似ていない(本物の方が男前である)。予告の段階では違和感もあったくらいだ。しかし、不思議なものでだんだんマイルスに見えてきた。まさに演技の力だろう。独特のしゃがれ声も巧みに再現している。楽器の扱いもうまい。監督までするくらいだから、本当にマイルスが好きなのだろう。フィクション多めであっても、決して「マイルスの実像が歪められている」という印象にならないのは、彼のマイルス愛がベースにあるからだという気がした。

(自宅でくつろいでる時でもこんな感じ)
Miles

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

初音 @渋谷REX(12/24)

■本館に追加したライブレポート

12/24 初音 渋谷 REX(ワンマン)

クリスマスイブの初音さんのワンマン「POP'N ROUGE ~X'mas Eve Special~」。この日いちばん聴きたかったのは、やっぱりクリスマスソングの「クリスマスカード」。ものすごく好きな曲なんだけど、まだライブでは聴いたことがなかったのです。アンコールで歌ってくれましたね! 最後はお約束のサンタクロース衣装なんかも着てくれたし…。個人的には2016年のライブ納め、良い締めくくりとなりました。

○より詳しい感想は「ガールズ・ドット・ミュージック」でご覧いただけます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

春奈るな @渋谷O-EAST(12/21)

■本館に追加したライブレポート

12/21 春奈るな 渋谷 O-EAST(ワンマン)

「LIVE 2016 “Chiristmas Special”」。春奈るなさんのワンマンは毎回人気なので、ステージの近くで見たことはなかったのだけど、この日は勝手のわかるO-EAST。今まででいちばんいい位置で聴けましたよ。あそこはフロアの柵に人がとりつくので、意外と前方にもスペースが残ってたりするんですよね(まあ、人をかき分けてそこにたどりつくまでにちょっと苦労しますが)。内容もとても良く、クリスマスシーズンらしい華やかさも十分。最高でしたね!

○より詳しい感想は「ガールズ・ドット・ミュージック」でご覧いただけます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

UKO、SHE IS SUMMER @代官山UNIT

■本館に追加したライブレポート

12/15 UKO、SHE IS SUMMER 代官山 UNIT

「UKO presents “Dining” SPECIAL!!!」。お目当ては半年くらい前にアルバムを聴いてからずっと見たいと思っていたUKOさん…だけど、SISも同じくらい楽しみにしてましたよ。MCで初めて知ったのだけど、この二人、なんと同じ店でアルバイトをしていた時の先輩・後輩というつながりなんだそう! そのせいかイベント全体の雰囲気もすごく良かったし、アンコールでの共演も楽しそうだったな~。ハッピーなイベントでしたね。

○より詳しい感想は「ガールズ・ドット・ミュージック」でご覧いただけます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

■映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 渋谷 TOHOシネマズ

公開初日に行ってきましたよ~。初回上映ではないものの、平日の劇場がほぼ満員。シリーズの人気の高さをうかがわせましたね。けっこう外国人客が多かったのも印象的。

ストーリーはこんな感じ。
「帝国軍の究極兵器デス・スターは、銀河を混乱と恐怖に陥れるものだった。帝国に家族を奪われたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は、反乱軍とともにデス・スターの設計図を奪い出すという、困難かつ無謀なミッションに挑む。メンバーは、彼女を筆頭にキャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)…といった一癖ある顔ぶれ。極秘部隊ローグ・ワンは、設計図のデータが保管してある惑星スカリフに乗り込むが…。」(シネマトゥデイ)

スターウォーズの壮大な物語は、エピソード4の冒頭、レイア姫がデス・スターの設計図をR2-D2に託すところから始まった。では、その設計図をレイア姫はどうやって手に入れたのか…というのが、本作「ローグ・ワン」のストーリーである。スカイウォーカー親子の運命を縦糸とするスターウォーズ本筋の話からはやや脇にそれた「外伝」という位置づけの作品。しかし、これが想像を超える大傑作になっていた! 見終わった後のあの長いエンドロールがありがたかった。感動でしばらく動けなくなっていたからだ!

物語の基本構造は、わけありのメンバーが集まった「はぐれ者チーム」が生還不可能な特殊任務に挑む…というもの。戦争映画、または冒険アクションものなどにあるかなり鉄板なフォーマットである。映画は前半の時間をたっぷり使って、このはぐれ者チーム「ローグ・ワン」が出来上がっていく様子を描き出していく。人間関係などがやや複雑でわかりにくい部分もあるが、それによってそれぞれの個性が浮き彫りになり、リピート鑑賞にも耐えられる要素にもなっている気がする。

後半は惑星スカリフを舞台とするクライマックスとなる。前半で溜めに溜めた物語のエネルギーがここで一気に爆発する。このシーンはこれまでのスターウォーズ・シリーズの中でももっとも「戦争映画」らしい迫力がある。本作はジェダイが絶滅した後の時代を描いている。従って、ライトセーバーやフォースの力で不可能を可能にすることができない。必然的に「ローグ・ワン」のメンバーたちのまさに自らを犠牲にする戦いに頼るしかない。前半でじっくりキャラづけされたメンバーたちが、一人また一人と散っていく…。その情け容赦のなさ! 娯楽SFであり、絵空事のエンターテインメントとわかっていても感情移入せざるをえない。

主人公は、エピソード7に続いて女性のジン。彼女にもスターウォーズ・シリーズに欠かせない「親子の因縁」がしっかり設定されている。本作の結末には、デス・スターを破壊して終わるような派手なカタルシスはない。しかし、それを超えるといってもいいような衝撃的なエンディングの背景には、娘に託した父の思い、それに応えた娘、そして父の作ったデス・スターによってその娘も…という幾重にも折り重なった宿命の重さがすべて集約されている。シリーズ中でも屈指のラストシーンではないだろうか。また、この親子の設定は「外伝」と「本シリーズ」をつなぐ上でも非常に重要な要素といえる。今後も、たとえばエピソード6と7の間をつなぐ物語などが考えられるが、やはり「親子」がキーワードになってくるのは間違いないだろう。

さらに、特筆すべきは帝国軍、とりわけデス・スターの指揮官、ターキンの圧倒的な冷酷ぶり、悪逆非道ぶり! 旧三部作(エピソード4~6)では、反乱軍にやられることが多く、ともすればおまぬけっぷりも目立った帝国軍とデス・スターのおそろしさが実によく描かれている。前年(2015年)のエピソード7では、「敵の弱さ」が微妙に気になったものだが、本作はその点でも満点。本作を見てから、旧三部作を見なおしたらすべてが違って見えるのではないか…と思えるくらい、帝国というものの「悪のキャラづけ」が完璧に出来ているところも重要だ。

とここまでは大筋のストーリーについて書いてみたが、スターウォーズ・シリーズのおもしろさ、楽しさの根幹ともいえる「世界観」についても素晴らしい。とにかく言及したくなる萌えポイントがてんこ盛りで、見れば見るほど新しい発見がありそうだ。しかも、本作の場合、旧作へのあからさまなオマージュという手法ではなく、エッセンスだけを取り出して新たな形につくりかえているのが見事。つまり、スターウォーズという一つの「文化」を完全に消化吸収し、自家薬籠中のものとしたスタッフが、自らも楽しみながら作り上げた感じがしっかり伝わってくるのだ。

非常に骨太で歯応えのある「ローグ・ワン」。この一作だけというのがもったいないような魅力的なキャラが躍動している。エピソード8以降のスターウォーズ新作もぜひこの勢いでお願いしたい!

(新ドロイドK-2SOもいい味出してます!)
Ro

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

Faint★Star、WHY@DOLL、Jacca PoP、Kus Kus @渋谷チェルシーホテル

■本館に追加したライブレポート

12/12 Faint★Star、WHY@DOLL、Jacca PoP、Kus Kus 渋谷 チェルシーホテル

2人組ユニット4組が出演したイベント「ちょっと早いクリスマススペシャル」。お目当てはFaint★Star。いちばんクリスマスっぽい雰囲気だったのは衣装が赤だったWHY@DOLLだったかな。4組で約2時間。長すぎず、短すぎずで平日にはちょうどいいサイズ感。フロアにもわりと余裕があって、気軽に聴ける感じのイベントで良かったですね。

○より詳しい感想は「ガールズ・ドット・ミュージック」でご覧いただけます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

大石理乃、印象派 @下北沢Basement Bar

■本館に追加したライブレポート

12/11 大石理乃、印象派 下北沢 Basement Bar(ワンマン)

大石理乃さんのワンマンライブ「りのタソにガチ恋しナイト!」。ゲストに印象派。フロントアクトの印象派も持ち時間40分あってたっぷり聴けて良かったわ~(りのタソは約90分)。好きなアーチストばかり2組出るツーマンって最高においしいですよね。聴き応えありました。またこの顔ぶれでやってほしいものです。

○より詳しい感想は「ガールズ・ドット・ミュージック」でご覧いただけます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

本館にCDレビュー追加(12/10)

■追加したCDレビュー

寺嶋由芙 「わたしになる」
Rei 「ORB」
にゃんぞぬデシ 「はじめまして。17歳です。ハッピーエンド建設中。」
Softly 「言えなかったこと。言いたいこと。」
Doll☆Elements 「エクレア ~love is like a sweets~」

今回はすべて2016年9月リリースの盤。初レビューはにゃんぞぬデシさん。たまたまですが彼女も含めてギターを弾きながら歌う女性アーチストが3組集まりましたね(Softlyも入れて)。どれもなかなか聴き応えのある作品でした。9月は新譜が多かったので次回にも続きます。

○より詳しい感想は「ガールズ・ドット・ミュージック」でご覧いただけます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

■映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 渋谷 TOHOシネマズ

ずいぶん前から劇場で予告編を見ていた作品。渋谷に行く用事があって、ちょうど時間も良かったのでさくっと見てきましたよ。

ストーリーはこんな感じ。
「魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、魔法動物たちが人間の世界に逃げ出してしまう。街がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)らと共に追跡を開始するが…。」(シネマトゥデイ)

「ハリー・ポッター」シリーズの世界観を下敷きにした新たなシリーズの第一作。もとになる「ハリー・ポッター」はテレビで放映されるのをチラ見したことがある程度なのだけど、新シリーズだから大丈夫だろう…とまったく予習なしのぶっつけで。

結論からいえば、娯楽作品なので特別な予備知識がいるようなものでは全然ない。あえていうなら、主人公が魔法学校時代のガールフレンド(?)の思い出に言及するシーンなどが、「ハリー・ポッター」を知ってたらより楽しめる仕掛けなのかな…とは思ったけど、知らなくてもなんとなく流れはわかる親切設計になっている。全体的にもそう深刻になるような話ではなく、気軽に楽しめるので、また続きのシリーズが作られたら見てみたいなという気がした。

前半はふとしたはずみに逃げ出した「魔法動物」(クリーチャー)を一匹ずつ回収していくというストーリー。いわばニューヨークの街を舞台にした「モンスターハンター」と「ポケモンGO」をミックスしたようなお話だ。いろんな魔法動物が出てきて、それをつかまえる主人公のお手並みを楽しめる。ゲーム的でおもしろい。

後半は一般人には隠されている魔法世界の秘密を暴露しようという勢力の暗躍や、虐げられた子供の魂が暴走して街を破壊するおそろしい事件が起こるなど、見せ場の連続となる。ここでの魔法使い同士の戦いは、杖や手から出るビームを撃ちあったり、見えない力で大きな構造物を投げつけあったり…とまるで「スターウォーズ」のジェダイが対決しているような様相となる。アクションのおもしろみとしては、もうちょっと何か欲しかったかな…。でも、クライマックスの盛り上がりとしては十分な迫力だ。

全編通して、細かく作り込まれたCGやアクションに思わず目を奪われてしまうけど、見終わっていちばん良かったなと感じたのは、魔法動物を愛する主人公ニュートを演じたエディ・レッドメインだった。ちょっとおとぼけなキャラで、大人の男性の役なのに「かわいい」という表現がぴったり。けっこう派手なアクションもある動的な映画を、なんとなく心なごむいい雰囲気の作品に変えている。

この主人公を中心とした4人のちょっとした「チーム感」がこれまた良い雰囲気。ゲームにもパーティーなどを作って旅していくものがあるけど、ちょうどそんな感じだろうか。また、時代設定が「大戦間」(第一次世界大戦後)になっているため、衣装や街の風景などがとても優雅。映像的な豪華さも感じるし、「魔法世界が存在する」という設定がギリギリ成り立つ時代背景ということだろう。

唯一気になったのは最初から最後まで画面が妙に「暗かった」ことかな。すべてが夕闇の中みたいな感じで、もっとはっきり見たいと若干イライラするような時間帯もあった。見たのは2D版だけど、もともと3Dで撮影されている影響なのだろうか?

(エディ・レッドメインの当たり役になるかな?)
Fb

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »