« Faint★Star、WHY@DOLL、Jacca PoP、Kus Kus @渋谷チェルシーホテル | トップページ | UKO、SHE IS SUMMER @代官山UNIT »

2016年12月17日 (土)

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

■映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 渋谷 TOHOシネマズ

公開初日に行ってきましたよ~。初回上映ではないものの、平日の劇場がほぼ満員。シリーズの人気の高さをうかがわせましたね。けっこう外国人客が多かったのも印象的。

ストーリーはこんな感じ。
「帝国軍の究極兵器デス・スターは、銀河を混乱と恐怖に陥れるものだった。帝国に家族を奪われたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は、反乱軍とともにデス・スターの設計図を奪い出すという、困難かつ無謀なミッションに挑む。メンバーは、彼女を筆頭にキャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)…といった一癖ある顔ぶれ。極秘部隊ローグ・ワンは、設計図のデータが保管してある惑星スカリフに乗り込むが…。」(シネマトゥデイ)

スターウォーズの壮大な物語は、エピソード4の冒頭、レイア姫がデス・スターの設計図をR2-D2に託すところから始まった。では、その設計図をレイア姫はどうやって手に入れたのか…というのが、本作「ローグ・ワン」のストーリーである。スカイウォーカー親子の運命を縦糸とするスターウォーズ本筋の話からはやや脇にそれた「外伝」という位置づけの作品。しかし、これが想像を超える大傑作になっていた! 見終わった後のあの長いエンドロールがありがたかった。感動でしばらく動けなくなっていたからだ!

物語の基本構造は、わけありのメンバーが集まった「はぐれ者チーム」が生還不可能な特殊任務に挑む…というもの。戦争映画、または冒険アクションものなどにあるかなり鉄板なフォーマットである。映画は前半の時間をたっぷり使って、このはぐれ者チーム「ローグ・ワン」が出来上がっていく様子を描き出していく。人間関係などがやや複雑でわかりにくい部分もあるが、それによってそれぞれの個性が浮き彫りになり、リピート鑑賞にも耐えられる要素にもなっている気がする。

後半は惑星スカリフを舞台とするクライマックスとなる。前半で溜めに溜めた物語のエネルギーがここで一気に爆発する。このシーンはこれまでのスターウォーズ・シリーズの中でももっとも「戦争映画」らしい迫力がある。本作はジェダイが絶滅した後の時代を描いている。従って、ライトセーバーやフォースの力で不可能を可能にすることができない。必然的に「ローグ・ワン」のメンバーたちのまさに自らを犠牲にする戦いに頼るしかない。前半でじっくりキャラづけされたメンバーたちが、一人また一人と散っていく…。その情け容赦のなさ! 娯楽SFであり、絵空事のエンターテインメントとわかっていても感情移入せざるをえない。

主人公は、エピソード7に続いて女性のジン。彼女にもスターウォーズ・シリーズに欠かせない「親子の因縁」がしっかり設定されている。本作の結末には、デス・スターを破壊して終わるような派手なカタルシスはない。しかし、それを超えるといってもいいような衝撃的なエンディングの背景には、娘に託した父の思い、それに応えた娘、そして父の作ったデス・スターによってその娘も…という幾重にも折り重なった宿命の重さがすべて集約されている。シリーズ中でも屈指のラストシーンではないだろうか。また、この親子の設定は「外伝」と「本シリーズ」をつなぐ上でも非常に重要な要素といえる。今後も、たとえばエピソード6と7の間をつなぐ物語などが考えられるが、やはり「親子」がキーワードになってくるのは間違いないだろう。

さらに、特筆すべきは帝国軍、とりわけデス・スターの指揮官、ターキンの圧倒的な冷酷ぶり、悪逆非道ぶり! 旧三部作(エピソード4~6)では、反乱軍にやられることが多く、ともすればおまぬけっぷりも目立った帝国軍とデス・スターのおそろしさが実によく描かれている。前年(2015年)のエピソード7では、「敵の弱さ」が微妙に気になったものだが、本作はその点でも満点。本作を見てから、旧三部作を見なおしたらすべてが違って見えるのではないか…と思えるくらい、帝国というものの「悪のキャラづけ」が完璧に出来ているところも重要だ。

とここまでは大筋のストーリーについて書いてみたが、スターウォーズ・シリーズのおもしろさ、楽しさの根幹ともいえる「世界観」についても素晴らしい。とにかく言及したくなる萌えポイントがてんこ盛りで、見れば見るほど新しい発見がありそうだ。しかも、本作の場合、旧作へのあからさまなオマージュという手法ではなく、エッセンスだけを取り出して新たな形につくりかえているのが見事。つまり、スターウォーズという一つの「文化」を完全に消化吸収し、自家薬籠中のものとしたスタッフが、自らも楽しみながら作り上げた感じがしっかり伝わってくるのだ。

非常に骨太で歯応えのある「ローグ・ワン」。この一作だけというのがもったいないような魅力的なキャラが躍動している。エピソード8以降のスターウォーズ新作もぜひこの勢いでお願いしたい!

(新ドロイドK-2SOもいい味出してます!)
Ro


« Faint★Star、WHY@DOLL、Jacca PoP、Kus Kus @渋谷チェルシーホテル | トップページ | UKO、SHE IS SUMMER @代官山UNIT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89663/64635982

この記事へのトラックバック一覧です: ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー:

« Faint★Star、WHY@DOLL、Jacca PoP、Kus Kus @渋谷チェルシーホテル | トップページ | UKO、SHE IS SUMMER @代官山UNIT »