« 脇田もなり @新宿 HMV record shop 新宿ALTA | トップページ | 本館にCDレビュー追加(8/17) »

2017年8月 9日 (水)

海辺の生と死

■映画「海辺の生と死」 テアトル新宿

新聞で紹介されていたのを読んで。実は前の週にも見に行ったところ、たまたま1日(割り引きがあるファーストデイ)で満員。その日は断念していた。仕切り直しということで。

ストーリーはこんな感じ。
「太平洋戦争の終わりも近い1945年。奄美群島の加計呂麻島の小さな集落に、海軍の特攻艇部隊を率いる朔隊長が赴任してくる。島の子供たちに慕われ、仲間と酒を飲むより地元に溶け込もうとする朔に、国民学校教師のトエ(満島ひかり)はいつしか惹かれていく。やがて、出撃命令を待つ朔とトエは互いの思いを確かめ合い、明日をも知れぬ中で激しい恋に落ちる。」(シネマトゥデイ)

この映画に描かれているエピソードはほぼ実話といっていいのだろう。隊長のモデルは後に作家となる島尾敏雄、トエは同じく作家の島尾ミホである。彼らはこの戦時中の体験や戦後の結婚生活を作品にしており、日本文学が好きな人にとっては非常に有名な話といえる。ちなみにこのカップルのお孫さんは漫画家のしまおまほさんで、かせきさいだぁの奥さんである。

しかしながら、私自身は原作となっている彼らの小説については未読であった。それなのに、この戦時中の島で燃え上がった恋のエピソードを知っていたのは、ひとえに中森明夫氏が1998年にまだ存命中だった島尾ミホに会って書いた文章を読んでいたからである。そして、その文章がものすごくロマンチックで強く印象に残っていたことが、この映画を見てみたいと思った直接的な動機だった。

少々長くなるが一部を引用してみる。
「加計呂麻島呑乃浦。半世紀以上も前にこの場所で若い命らが一人乗り特攻艇によって自爆攻撃を果たすため待機していた。特攻隊を率いる青年海軍中尉は、村人にやさしく子供らに好かれ、『ワーキャジュウ(我々の慈父)』と呼ばれて島の守り神となっていく。(中略)真白い海軍の制服を着たマレビトと、カナ(姫)と呼ばれる村長の一人娘ミホは、宿命のように出逢い恋に落ちる。戦争が二人の恋を神話にした。遂に出撃命令が下り、その夜、死出の装束に身を固めたミホは手足を傷だらけにしながら浜辺をひた走る。恋する人とのひと時の逢瀬。やがて彼女は慟哭して浜に正座する。隊長の出撃を見届け、自ら短剣で喉を突いて海中に身を投げるために。しかし、出撃は果たされず終戦、生き延びた二人には『死の棘』の戦後が待っていた……。」(中森明夫『女の読み方』朝日新書 2007年より)

どうだろうか。まさにこの映画そのものではないか。本当にあった出来事なのにまるで神話のようだ。文明圏からやってきた青年と土地のエネルギーを身にまとった娘が恋に落ちる。永遠の時間が続くかと思われる南の島での暮らしと、いったん出撃が決まれば明日にも死ぬことになる戦争という現実が交錯する。映画は二人が惹かれあっていくプロセスを2時間35分の上映時間をたっぷり使いながら描いていく。登場人物によって数多くの島唄が歌われるが、いわゆる劇伴の音楽はない。そのかわりに島の言葉が音楽のようなリズムを生んでいく。もう一つの特徴は夜のシーンが多いことだろうか。闇はまるでこの世とあの世をつなぐ扉のようだ。他にも花や書物といった小道具が象徴的な役割を果たす。わかりやすいエンターテインメントではないが、非常に濃密な情報量を持った映画だと感じた。

トエを演じるのは沖縄出身だが奄美にルーツを持つという満島ひかり。彼女が垣間見せる役になりきる狂気のようなものが、恋のために命をも投げ出さんとする主人公とオーバーラップしていく。素晴らしいはまり役だろう。島民や子供たちは全員ロケ地の奄美地方で採用されたキャストで、これもとてもナチュラルで良い効果を生んでいる。

ただ、気になったところもないわけではない。終盤、村人たちが集団自決を企てるような描写がある。実はさきほどの中森氏の文章にも「(島民は島尾隊長を称え)隊長の出撃と同時に集団自決する意志さえ固めていた」という記述があるのだ。おそらく原作となった島尾夫妻の著作にもそういったエピソードがあるのだろう。ただ、最終的に最悪の事態は回避される。この顛末はもう少しわかりやすくするか、あえてカットでもよかったのではないだろうか。せっかくの終盤でやや観客を混乱させていたような気がした。ひょっとしたら自分が大事な部分を見落としたせいかもしれないが…。

(本格文芸映画として見ごたえ十分。映像も美しいので劇場でぜひ)
Umibe2


« 脇田もなり @新宿 HMV record shop 新宿ALTA | トップページ | 本館にCDレビュー追加(8/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89663/65643405

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の生と死:

« 脇田もなり @新宿 HMV record shop 新宿ALTA | トップページ | 本館にCDレビュー追加(8/17) »